パイピング交換

やっぱり一番確実な方法は、自分で修理するというのではなくて、専門家にお任せすることです。大事なバッグは日々労りケアするモチベーションが大事です。

革製品は、使えば使うほど素材に味が出て来てくれることでしょう。お店では、職人の人たちが誇りをかけてバッグ修理をしてくれます。持ち手交換(袋縫い)修理、 金具付け修理、内張り(布張り)・内袋交換修理など、気軽に修理してくれるお店と向きあう気持ちを持つことが出来ればいいですよね。自分でも出来ないことがないケースはあるかもしれません。しかし、確実な方法はやっぱりプロフェッショナルに修理してもらうことです。それは、医師に診断してもらうような意味ではないでしょうか。

特にパイピング部分は、もともとバッグの角を補強する為のパーツとして存在しています。使用に際してどうしても傷んでくる部分なので、パイピングの破損が目立ち気になり始めたら専門業者にバッグ修理の依頼をしましょう。

バッグ修理に出せば、補修部分のつなぎ目など段差の出ないようにし、革を薄く加工して取り付けてくれます。そして、革の色はできるかぎり近いものを選択をしてくれます。

バッグのパイピング交換の場合、料金は15,000円あたりです。

バイアステープを購入

パイピングテープといえば、布端を包み込むテープのことを言います。このようなものはバイアステープという呼び方もします。

パイピングテープはこのような役割だけでなくひも状のものが挟み込まれたテープがあり、これは装飾のため縫い目に縫いこんで使ったりします。

端に細い紐が通してあるものもパイピングテープでありコードパイピングという言い方をすることもあります。

なかなかパイピングという言葉は、判りづらいものかもしれません。お店の人たちにこのようなものを注文する時にもちょっとした注意が必要になります。

お店の人たちには、縫い代端にパイピングをしたいからバイアステープをください、などといった言い方をすればきっと伝わるでしょう。

実際にバイアステープなら100円ショップでも購入することが出来るようです。とても便利な世の中になりましたが、実際にバッグ修理となれば、パイピング修理は簡単にすることが出来るのでしょうか。

購入の場合、バイアステープの幅にも注意が必要です。使い慣れている人たちならすぐに判りますが、20mm幅と書かれてあるものの、実際は半分に折って使用するので10mm幅ということになります。実際にはバイアステープは自身が作ることも可能なのですが。

バッグ修理

どんなに大切に使っていても、長い間使い続けていると、バッグはヘタって来てしまいます。お手入れをしっかりしているバッグであっても、特に、持ち手の部分やファスナー、パイピング、内袋といった部分は特に負荷がかかりやすいため、どうしてもダメージを受けやすくなってしまいます。ブランドバックやお気に入りのバッグは長く使いたいものですが、見た目がヘタってしまったバッグでは、せっかくお洒落も台無しになってしまいます。しかし、バッグ修理を行えば見た目の美しさがよみがえるため、きれいな状態に戻すことができます。

バッグの痛み具合でもっとも痛みが目立ちやすいのは、カバンのふちであるパイピングと呼ばれる部分です。バッグ修理では、箇所のみの修理も行っているため、他の箇所はダメージを受けていなくても、パイピング部分だけ気になっているという場合なら、パイピングのみを修理してもらうこともできます。

バッグはさまざまな素材がありますが、素材に合わせて修理を行うことが可能です。このため、革製品であっても、色合いがきれいであっても問題なく綺麗に修理することができるのです。痛んだパイピングは、そのまま放置してしまうとバッグの他の箇所にまで悪影響を及ぼすことがあります。このため、早急に修理をした方が良いです。パイピング修理はプロに依頼するのが一番ですが、自分でも行うことが可能なため、このサイトでは、バッグの中でも痛みやすいパイピング部分の修理について、セルフケアの方法もあわせてご紹介します。