パイピング交換

やっぱり一番確実な方法は、自分で修理するというのではなくて、専門家にお任せすることです。大事なバッグは日々労りケアするモチベーションが大事です。

革製品は、使えば使うほど素材に味が出て来てくれることでしょう。お店では、職人の人たちが誇りをかけてバッグ修理をしてくれます。持ち手交換(袋縫い)修理、 金具付け修理、内張り(布張り)・内袋交換修理など、気軽に修理してくれるお店と向きあう気持ちを持つことが出来ればいいですよね。自分でも出来ないことがないケースはあるかもしれません。しかし、確実な方法はやっぱりプロフェッショナルに修理してもらうことです。それは、医師に診断してもらうような意味ではないでしょうか。

特にパイピング部分は、もともとバッグの角を補強する為のパーツとして存在しています。使用に際してどうしても傷んでくる部分なので、パイピングの破損が目立ち気になり始めたら専門業者にバッグ修理の依頼をしましょう。

バッグ修理に出せば、補修部分のつなぎ目など段差の出ないようにし、革を薄く加工して取り付けてくれます。そして、革の色はできるかぎり近いものを選択をしてくれます。

バッグのパイピング交換の場合、料金は15,000円あたりです。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket