バッグ修理

バッグ修理依頼どんなに大切に使っていても、長い間使い続けていると、バッグはヘタってきてしまいます。お手入れをしっかりしているバッグであっても、特に、持ち手の部分やファスナー、パイピング、内袋といった部分は特に負荷がかかりやすいため、どうしてもダメージを受けやすくなってしまいます。ブランドバックやお気に入りのバッグは長く使いたいものですが、見た目がヘタってしまったバッグでは、せっかくお洒落も台無しになってしまいます。しかし、バッグ修理を行えば見た目の美しさがよみがえるため、きれいな状態に戻すことができます

バッグの痛み具合でもっとも痛みが目立ちやすいのは、カバンのふちであるパイピングと呼ばれる部分です。バッグ修理では、箇所のみの修理も行っているため、他の箇所はダメージを受けていなくても、パイピング部分だけ気になっているという場合なら、パイピングのみを修理してもらうこともできます。

バッグはさまざまな素材がありますが、素材に合わせて修理を行うことが可能です。このため、革製品であっても、色合いがきれいであっても問題なく綺麗に修理することができるのです。痛んだパイピングは、そのまま放置してしまうとバッグの他の箇所にまで悪影響を及ぼすことがあります。このため、早急に修理をした方が良いです。パイピング修理はプロに依頼するのが一番ですが、自分でも行うことが可能なため、このサイトでは、バッグの中でも痛みやすいパイピング部分の修理について、セルフケアの方法もあわせてご紹介します。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket